結婚 手続き 改姓

結婚手続きマニュアル TOP > 結婚する際の改姓に伴う手続き

結婚する際の改姓に伴う手続き

結婚した場合の改姓に伴う手続きを行わなくてはいけないものは沢山あります。そこで、結婚する際の具体的に改姓手続きが必要なものとして何があるのか?を掲載。

結婚した場合、名前が変わるため色々な手続き(改姓手続き等)を行わなくてはいけません。

この手続きというのは、とても沢山あるので色々と大変だと思います。

そこで、最初に行わなくてはいけない手続きの種類を書き出して、1日でまとめて終わらせるとよいでしょう。


まず、定期的に送られてくる郵便物と公的な郵便物の改姓と住所の変更を行いましょう。

郵便物の新しい住所転送手続きは、1年間まで行っています。

次に、運転免許証を警察署や運転免許試験場に行って、改姓変更を行いましょう。

会社を退職せずに勤務しているのならば、会社が年金や健康保険関係は行ってくれます。


忘れがちになってしまうのが、クレジットカードです。

結婚したらクレジットカード会社に電話して改姓手続きを早めに行ってください。

他にも、銀行口座の改姓と住所変更や、生命保険、年金手帳の改姓手続きなどがあります。

まずは、婚姻届を提出してから転入・転移届の手続きを行い、これらの改姓・住所変更を行うとよいでしょう。


結婚後、銀行や郵便口座を変更する為には、届出印と住民票や免許証が必要となります。

また、旧姓と新姓の変更が記入されている戸籍標本も必要となるので、事前に用意しておきましょう。