結婚 手続き 戸籍

結婚手続きマニュアル TOP > 結婚する際の戸籍に関する手続き

結婚する際の戸籍に関する手続き

結婚した際に変わる戸籍の手続きは、どのようにすればよいのでしょうか?ここでは、結婚後戸籍変更する際にはどうすればよいのか?戸籍変更と住民票の手続きは同時に行う事ができるか?を掲載。

結婚した場合、一つの家庭を作っていくという事になるので、戸籍というのは勿論変わります。

本籍を新居に変更する事になる為、親の戸籍から除籍されることになります。

そして、結婚相手と自分が記載された戸籍が作成されるのです。


通常、戸籍変更手続きというのは、婚姻届を提出することで、新しい夫婦の戸籍が新本拠地として編成されて、結婚前の戸籍から除籍するという手続きは自動的に行われます。

ですから、特別に戸籍のみの手続きを行わなくてはいけないという必要はないのです。

婚姻届に記載している新たな本籍地に、今までの本籍が移動されるという流れになっています。


それでは、戸籍変更を行えば、住民票も自動的に変更になるのでしょうか?

住民票は自動的に変更という事はありません。

よって、住民票の移動手続きは別に行う必要がありますので、注意しましょう。

婚姻手続きや住民票の手続きというのは、それぞれの市区町村の役所で行うようになっています。

ですから、転入・転移届けの手続きや国民年金の手続きも同時に行っておくと良いと思います。